青が好きな人の性格/無意識に青を選ぶときの心理

青が好きな人の性格

青の精 あおいくん

 

~静かな理想主義者~

  

青が好き→青を強く持っている人の特徴です。長所と短所は表裏一体。チャレンジポイントは、言葉を変えればポジティブにもなるし、わかっていればコントロールもできます。キーワードだけ見てピンとこない方は、下の「あおいくん度チェック」もやってみてくださいね♪

 

素敵なところ

〇誠実

〇包容力がある

〇きれい好き

〇創造力(想像力)がある

〇理性的

〇集中力がある

〇落ち着いている

〇思慮深い

 

チャレンジポイント

●引っ込み思案

●権威に弱い

●自己表現が苦手

●保守的

●口下手

●内にこもりがち

●不愛想

●独善的

 

 

☆ あおいくん度チェック ☆

当てはまる項目が多いほど、青の性質を強く持っています。

下の「あおいくんインタビュー」も参考にしてくださいね。

 

□相手によって態度を変えることはしない

□きれい好き。整理整頓は任せて!

□電話よりメールの方がコミュニケーションしやすい

□周りの変化に疎い。ていうか、興味がない。

□妄想・空想大好き!

□ルールは守るべきでしょ

□何気ない会話って難しい…

□口下手。でもときどき核心を突いたことを言う

□自己表現や、感情を表に出すことが苦手

□権力を振りかざされると委縮してしまう

□テンションが高い人にはついていけない

□真面目だねって言われる

□どちらかというと個人プレーが好き

□集中力が必要な単純作業が得意

□理想を持つことって大事だよね

 

 

あおいくんインタビュー

対談形式で、あおいくんの人柄をご紹介。あなたのまわりに、こんな人いませんか?

 

えみり:あおいくん、はじめまして!落ち着いた雰囲気が素敵ですね♡

あおいくん:えみりさん、はじめまして。褒めていただき、ありがとうございます

でも、なんだか照れくさいですね。

えみり:理性的で物静かな感じに見えますが、実際のあおいくんは

    どんなキャラなんですか?

あおいくん:見ての通りです(笑) こんな感じなので、たまに冷たいとか、

不愛想だって言われてしまうんですけれど…。もともと青は、

どこまでも広がる青空や海の色ですから、心だって広いんですよ。

えみり:なるほど。誤解されやすいんですかね。そういえば、

    青は女神さまの色だって聞いたことがあります。

あおいくん:ええ、聖マリアさまの衣が青で描かれることが多いので、

そう言われているようです。僕をよく知ってくれている人は、

優しいね、包容力があるねって言ってくれますよ。

えみり:性格的に不器用なのかな?あまり感情を表に出さないタイプでしょ。

あおいくん:そうなんですよねえ。わかっていただけて嬉しいです。

自己表現があまり得意ではなくて…。集中力や整理整頓には

自信があるんですけれど。それに僕、結構きれい好きなんです。

えみり:そんな感じします。言葉にも誠実さがにじみ出ていますね。

あおいくん:言葉にはこだわるところがあるかも。ら抜き言葉とか、お店とかで

よく耳にする「よろしかったですか?」とか…文句を言われたりすると怖いので、

あえて注意はしませんけれど、実は結構気になっていたりするんですよ。

えみり:そうですよね~。逆ギレされたりしたら怖いですものね。

あおいくん:はい。圧をかけられるのが苦手で、強い態度に出られると、

何も言えなくなってしまうんです。

えみり:うんうん、わかります。大勢でワイワイするのとかも苦手そう。

あおいくん:人と会うのは嫌いではないですが…騒々しい場所に出かけていく

よりは、ひとりで本を読んだり日記を書いたりする方が、性に合っている

気はしますね。でも、こもってばかりいるのも良くないと思うので、

適度に連れ出してもらえたら嬉しいです。

えみり:ちゃんと日にも当たらないとね(笑) 今度お誘いします。

あおいくん:そうですね(笑) よろしくお願いします。

えみり:はい(笑) あおいくん、ありがとうございました!

 

 

無意識に青を選ぶときの心理

青って何?

「青(あお)」の語源は諸説あります。「藍」が訛った、空を見上げる意味の「仰ぐ」、赤や黒に比べて淡いことから「淡し」を語源とするなど、他にもいろいろあるようです。

「青」という漢字は、上の部分が「生」、下が「丹」という漢字からきていて、「丹」は鉱物の意味。昔、鉱物は土の中から生えてくると考えられていたそうで、丹の芽の色である緑色を指していたようです。現在でも、緑色を「青」と表現することの由来の1つなのでしょうね。

青のもつイメージやキーワードは、「青空」から連想されるものです。

例えば…

「青空」→「大地を包み込む」→「母性」→「母親」→「女性らしさ」

                        →「家族を守る」

                   →「マリア、女神」        …など。

青の意味は、「青空」というキーワードからだけでは連想しにくいものも含みますが、赤の対比として見るとわかりやすいかもしれません。

青空の他にも、海のイメージもあると思いますが、いずれにしても、広々とした包み込むようなイメージですね。

また、青は冷たさを感じさせる「寒色」であり、実際よりも遠くに見える「後退色」、気持ちを落ち着かせる「沈静色」、小さめに見える「収縮色」です。ただし、鮮やかな青には鎮静効果はないとされていて、淡い青は収縮色ではなく膨張色になります。

これらを踏まえて、青のメッセージを見ていきましょう。

 

 

青の気持ち・感情

青が気になるときは、どんなときなのでしょうか。

身に着けるもの、インテリア、文房具など日常で使うもの、食べ物や飲み物の色…手に取るものや目が行くものに特定の色が多いと気付いたら、そこから現状(気持ちや感情、置かれた状況)が読み取れます。

心身が元気で、青が綺麗に見えるときと、マイナスに傾いていて、なんかわからないけど青が目に付く(気になる)というとき。

それぞれの状態のときの青のメッセージをお伝えしますね。

 

青が気になるとき① ポジティブ

☆心が落ち着いている

☆感情をコントロールできている

☆客観的、理性的に物事を見られる

☆自分と向き合うことができる

☆精神的に成長したい

☆広い心で受け入れることができる

 

青が綺麗に見えるときは、冷静に自分の心と向き合い、人に対しても寛容でいられます。静けさを心地良いと感じ、ひとりの時間を大切にしたいときかもしれません。また、清々しい気持ちで、敵味方関係なく平等・対等に接することができるでしょう。こういうときは、掃除や整理整頓をするのにも良いかもしれませんね。集中力もあるので、仕事や家事、趣味などに没頭してみるのも良いと思います。

 

青が気になるとき② ネガティブ

★悲しみを感じている

★気持ちを抑圧している

★本音を言えないでいる

★一人になりたい

★のんびりしたい

★心が不安定で、落ち着きたい

 

気持ちがマイナス寄りで、なんだか青が目に付くときは、一旦行動することをストップして、自分の気持ちと向き合う必要があるときです。言いたいことが言えていない、受け身になり過ぎて、思うようにコミュニケーションができていないという可能性もあります。「~すべき」「~しなければならない」という思考に縛られているのかもしれません。また、母親との関係に問題を抱えている可能性もありますので、ひとりで抱え込まず、信頼できる人に心の内を話してみるのも良いでしょう。

 

青の状態・キーワード

冷静  集中力  理性的  平和  対等  包容力  整理整頓  信頼  誠実  真面目  自己表現  コミュニケーション(言葉)

悲しみ  不安  受動的  無口  退廃的  視野が狭い  冷淡  内向的  非活動的  鈍い  孤独感  抑圧