グレーが好きな人の性格/無意識にグレーを選ぶときの心理

グレーが好きな人の性格

グレーの精 グリス

 

~控えめな人見知りさん~

 

グレーが好き→グレーを強く持っている人の特徴です。長所と短所は表裏一体。チャレンジポイントは、言葉を変えればポジティブにもなるし、わかっていればコントロールもできます。キーワードだけ見てピンとこない方は、下の「グリス度チェック」もやってみてくださいね♪

 

素敵なところ

〇順応性がある

〇温厚

〇物腰が柔らかい

〇慎重

〇控えめ

〇中立を保つ

〇スマート

〇思慮深い

 

チャレンジポイント

●自信がない

●はっきりさせない

●感情を出さない

●面倒は嫌い

●優柔不断

●社交性に欠ける

●デリケート

●人見知り

  

 

☆ グリス度チェック ☆

当てはまる項目が多いほど、グレーの性質を強く持っています。

下の「グリスインタビュー」も参考にしてくださいね。

 

□注目されるのは苦手

□曖昧の美ってあると思う

□田舎より都会の方が好き

□控えめな性格だと思う

□グイグイ来られると圧倒されてしまう

□直線的なデザインが好き

□侘び寂びの世界に魅力を感じる

□シンプルで無機質なものに惹かれる

□古代より未来に興味がある

□どちらかというとインドア派

□世の中の出来事にあまり興味がない

□上品な人や、スマートな振る舞いって素敵♡

□色より素材、見た目より機能性

□「YesかNoかはっきりして!」って言わないで…

□目立たず騒がず、無難に生きたい

  

 

グリスインタビュー

対談形式で、グリスの人柄をご紹介。あなたのまわりに、こんな人いませんか?

※「グリス」はスペイン語で灰色のことです

 

えみり:グリスさん、はじめまして!洗練されつつも、

    アンニュイな感じが素敵ですね。

グリス:えみりさん、はじめまして。面と向かって褒められると、

照れますね💦

えみり:控えめで、目立つ感じではないのだけれど、カッコいいの。

    でもきっと、人見知りさんなんですね。

グリス:はい。大勢集まる場所では、人の中に紛れていたいです。

目立つのは苦手ですね。

えみり:強引な人とか、かなり苦手そう。

グリス:苦手ですね~。穏便に、無難に対処はしますけれど、

できれば放っておいて欲しいと思ってしまいます。

何でも白黒つけたがる人もちょっと…。曖昧にしておく

ことで、角が立たないこともあるじゃないですか。

えみり:うんうん、そうですね。そんなグリスさんの柔らかさに

    惹かれる人もいると思います。ところで、グリスさんの

    おうちってどんな感じなんですか?インドア派っぽいから、

    インテリアとか何かこだわりがあるのかなあって。

グリス:そうですね、わりと直線的なデザインのものが多いかも。

凝った感じのものよりも、機能性重視ですね。素材は、

プラスチックとか金属とかが好きかなあ。あ、ガラスも♪

えみり:コンクリート打ちっぱなしとか好きそう♪

グリス:はい♡ インテリアもそうですけど、ファッションも、

色味を抑えたシンプルでシックな感じが落ち着きます。

えみり:グリスさんって、ケンカとか絶対しなさそうですよね。

グリス:しないですね~。争いごとは関わりたくないです。

えみり:目の前でケンカが始まったら?

グリス:私はあくまでも中立。どっちつかずと言われても、困っちゃいますね。

ハッキリ、キッパリものを言える人は、すごいなあって思いますけど…。

えみり:グリスさんは、優しくて賢いんですよ。

    もっと自信もっていいと思います。

グリス:いっぱい褒めてくれて、ありがとうございます♡

えみり:物腰の柔らかさが心地よかったです♡

    グリスさん、ありがとうございました!

 

 

無意識にグレーを選ぶときの心理

グレーって何?

グレーは、日本では「灰色」や「ねずみ色」といわれますね。江戸時代は火事が多く、灰にマイナスのイメージがあったため、ねずみ色と呼ばれるようになったそうです。英語でも「grey」と「gray」の表記があり、「grey」はイギリス英語、「gray」はアメリカ英語とのことですが、どちらの国でも両方使われているとか。

白と黒の中間の色なので、どっちつかずのはっきりしないイメージを表したり、善と悪のどちらともいえない疑わしい様子を表したりします。日本には「曖昧(あいまい)の美学」というものがあり、あえて白黒つけない、曖昧にしておくことを美徳とする文化がありますよね。江戸時代には、庶民が贅沢を禁じられ、使用できる色が限られたことから、「四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねず)」という言葉も生まれました。地味な色である茶色やねずみ色に微妙に色みや濃淡をつけて楽しむことが粋とされ、ねずみ色のバリエーションは、実際には百種類以上あったようです。

グレーは気持ちを落ち着かせる「沈静色」、柔らかく見える「柔軟色」ですが、黒に近いか白に近いかでイメージは変わってきます。

これらを踏まえて、グレーのメッセージを見ていきましょう。

 

 

グレーの気持ち・感情

身に着けるもの、インテリア、文房具など日常で使うもの、食べ物や飲み物の色…手に取るものや目が行くものに特定の色が多いと気付いたら、そこから現状(気持ちや感情、置かれた状況)が読み取れます。

グレーが気になるときは、どんなときなのでしょうか。

心身が元気で、グレーが綺麗に見えるときと、マイナスに傾いていて、なんかわからないけどグレーが目に付く(気になる)というとき。

それぞれの状態のときのグレーのメッセージをお伝えしますね。

 

グレーが気になるとき① ポジティブ

☆平常心を保っている

☆落ち着いている

☆柔軟に意見を聞ける

☆力が抜けている

☆順応性がある

☆ニュートラルな状態

 

グレーが綺麗に見えるときは、気持ちが落ち着ていて、柔軟性もあるときです。スムーズにまわりに合わせることができ、協調性もあるでしょう。中立を保ち、冷静に意見を受け止めたり判断したりもできるときかもしれませんね。肩の力を抜いてリラックスできていたり、一歩引いて相手を立てることができているときも、グレーの波長が心地良く感じられるときといえます。

 

グレーが気になるとき② ネガティブ

★無気力

★消極的になっている

★燃え尽き症候群

★はっきりさせたくない

★目立ちたくない

★憂鬱な気分

 

気持ちがマイナス寄りで、なんだかグレーが目に付くときは、抑圧されたスッキリしない気分かもしれません。目立つことを避け、何事に対しても消極的になっているのかも。やる気がでなかったり、気分が憂鬱で動きも鈍くなっているでしょう。何かを聞かれても、煮え切らない返事をしてしまったり、明言を避けて誤解されてしまう可能性も。もしそんな状態が長く続くようなら、積極的に明るい色を取り入れたり、誰かに相談してみてくださいね。

 

グレーの状態・キーワード

落ち着き  ニュートラル  都会的  調和  クール  安らぎ  信頼  上品  大人  温厚  侘び寂び  柔軟  控えめ  地味  曖昧  不安  疑惑  陰気  迷い  無機質  憂鬱  寂しさ  用心深い  無気力