ピンクが好きな人の性格/無意識にピンクを選ぶときの心理

ピンクが好きな人の性格

ピンクの精 ももちゃん

 

~愛嬌たっぷりな甘えん坊~

 

ピンクが好き→ピンクを強く持っている人の特徴です。長所と短所は表裏一体。チャレンジポイントは、言葉を変えればポジティブにもなるし、わかっていればコントロールもできます。キーワードだけ見てピンとこない方は、下の「ももちゃん度チェック」もやってみてくださいね♪

 

素敵なところ

〇思いやりがある

〇受容性が高い

〇無条件の愛

〇上品

〇世話好き

〇愛嬌がある

〇ロマンティスト

〇褒め上手

 

チャレンジポイント

●わがまま

●傷つきやすい

●ひがみっぽい

●騙されやすい

●愛を求め過ぎる

●おせっかい

●寂しがりや

●甘えがある

 

 

☆ ももちゃん度チェック ☆

当てはまる項目が多いほど、ピンクの性質を強く持っています。

下の「ももちゃんインタビュー」も参考にしてくださいね。

 

□寂しがり。放っておかれると死んじゃう

□世話を焼くのが好き

□必要とされていると感じると頑張れる

□褒められて伸びるタイプ

□優しいねと言われる

□かわいいものを見るとキュンとなる

□デートはロマンティックなのがいいな♡

□困っている人を見過ごせない

□してあげたことに感謝されないと腹が立つ

□自分を悪く言われると、ものすごく気にする

□「優しさ」こそ本当の強さだと思う

□常に気配りを欠かさない

□女性的直観が鋭い。浮気とかピンとくる

□繊細で傷つきやすいの。優しくしてね

□愛がないと生きていけない!

 

 

ももちゃんインタビュー

対談形式で、ももちゃんの人柄をご紹介。あなたのまわりに、こんな人いませんか?

 

えみり:ももちゃん、はじめまして!何だか優しそうな雰囲気でホッとしますね。

ももちゃん:はじめまして!ふふ。ありがとうございます♡

えみり:ピンクって、かわいらしくて女性的なイメージのある色ですが、

    ももちゃんがよく言われることとかありますか?

ももちゃん:えーとねぇ、優しいねとか、気が利くねって言われるよ。

困ってる人がいると放っておけないし、お世話するのとか大好きなの。

えみり:そうなんですね。必要とされるのが嬉しいのかな。

ももちゃん:はい!すごく嬉しいです。でもね、ついついやりすぎちゃって、

お節介って言われちゃうこともあるの。それで、嫌われちゃったかも??

って思うと、すごく悲しい…(泣)

えみり:大丈夫、きっと気にし過ぎですよ~。感謝してもらえなかったら、

    悲しいですよね。

ももちゃん:そうなんです~。何でもしてあげたいんだけど、

嫌われたくないし、いつもやってもらって当たり前って

思われちゃうのも、ちょっとイヤかなあ。

えみり:わかります~。でも、ももちゃんお人よしさんで、結局やって

    あげちゃうんでしょ?素直で騙されやすそうだし、ちょっと

    心配になっちゃう。

ももちゃん:あ、バレてる~(笑) でもね、私こう見えて、浮気とかは

ピンとくるんですよ。第六感っていうの?が働くの。

えみり:オンナの勘ってやつですね。

ももちゃん:そう、それ~♪ 私ね、いつも愛されていたいんだあ。

守って欲しいの。キャリアウーマンになってバリバリ働くより、

大好きな人と結婚して、家族のお世話したいなあ。

えみり:そんな感じします。家庭的ないい奥さんになりそう。

   (もし、ももちゃんが男性だったとしても、フェミニストなんだろうなあ。)

ももちゃん:えへへ~、嬉しいな♡ わがままだとか、かまってちゃん

だとか言われることもあるけど、そうやって褒めてもらえると、

頑張ろう!って思えます♡

えみり:ももちゃん、甘え上手でかわいい♡ 羨ましいわあ(笑)

ももちゃん:えみりさんだってかわいいです♪ 私もえみりさんみたいな

素敵な女性になりたい♡

えみり:ももちゃんったら、褒め上手♡(笑) ありがとうございました~!

 

 

無意識にピンクを選ぶときの心理

ピンク色って何?

現在では、ピンク色というと、赤に白を混ぜた濃淡幅広い色を指しますが、「ピンク(pink)」はもともと英語でなでしこ(撫子)のこと。なでしこの花の色が、色の名前としても使われるようになったようです。日本では、「桃色」と表現することも多いですね。

ピンクは愛の色といわれ、優しさや女性性(男性にもあります)を表す色。子宮内壁の色でもあり、女性ホルモンに働きかけます。

自己受容のテーマが隠れている色ですから、ピンク色が気になるときは、自分自身としっかり向き合うことが必要なときかもしれません。

また、ピンクは暖かさを感じさせる「暖色」であり、実際よりも近づいて見える「進出色」、大きめに見える「膨張色」、軽く見える「軽量色」、柔らかく見える「柔軟色」です。

これらを踏まえて、ピンクのメッセージを見ていきましょう。

 

 

ピンクの気持ち・感情

身に着けるもの、インテリア、文房具など日常で使うもの、食べ物や飲み物の色…手に取るものや目が行くものに特定の色が多いと気付いたら、そこから現状(気持ちや感情、置かれた状況)が読み取れます。

ピンク色が気になるときは、どんなときなのでしょうか。

心身が元気で、ピンクが綺麗に見えるときと、マイナスに傾いていて、なんかわからないけどピンクが目に付く(気になる)というとき。

それぞれの状態のときのピンクのメッセージをお伝えしますね。

 

ピンクが気になるとき① ポジティブ

☆幸せを感じている

☆優しい気持ち

☆安らいでいる

☆ときめいている

☆恋をしている

☆自己受容ができている

 

ピンク色が綺麗に見えるときは、幸福感に包まれ、気持ちが優しくなっているときです。自分自身を受け入れることができているので、人に対しても見返りを求めることなく、愛情を持って接することができているでしょう。また、恋をしたり、ときめきを感じているときにもピンクに惹かれるようです。そのため、普段黒っぽい色など落ち着いた色の服ばかり着ている人が急にピンクを身に着けるようになり、好きな人や恋人ができたことが発覚するというのもよくある話です。

 

ピンクが気になるとき② ネガティブ

★誰かに甘えたい

★愛が欲しい

★素直になれない

★非現実への逃避

★責任を負いたくない

★自分の女性性に抵抗している

 

気持ちがマイナス寄りで、なんだかピンクが目に付くときは、優しくしてほしい、かまってほしい、愛してほしいなど、自分に目を向けてほしいと感じている可能性があります。うまくいっていないことを誰かのせいにしたり、傷つくことを避けようとして卑屈になっていませんか?また、自分が女性であることや、男性であれば女性的な部分を否定したいときもこの色が気になるかもしれません。

ピンクは、愛の色である赤に光が入った色と捉え、より強い想いを表します。新しい命を宿す子宮内壁の色でもあるため、すべての愛の根源ともいえるのです。まずは自分自身を受け入れ、愛することから始めましょう。

 

ピンクの状態・キーワード

無条件の愛  優しさ  幸せ  安らぎ  ときめき  思いやり  母性  女性性  自己受容  ロマンティック  感謝  女性的直感  繊細  わがまま  甘え  傷つきやすい  幼さ  不安定  弱い  愛されたい  媚びる  執着  損得勘定  ファンタジーの世界