紫が好きな人の性格/無意識に紫を選ぶときの心理

紫が好きな人の性格

紫の精 村崎さん

 

~個性万歳!変わってるねは褒め言葉~

 

紫が好き→紫を強く持っている人の特徴です。長所と短所は表裏一体。チャレンジポイントは、言葉を変えればポジティブにもなるし、わかっていればコントロールもできます。キーワードだけ見てピンとこない方は、したの「村崎さん度チェック」もやってみてくださいね♪

 

素敵なところ

〇個性的

〇センスがいい

〇理解力がある

〇気品がある

〇美意識が高い

〇神秘的な魅力

〇カリスマ性がある

〇奉仕の精神がある

 

チャレンジポイント

●自虐的

●理解されにくい

●地に足がつかない

●人を見下す

●ナルシスト

●現実逃避しがち

●プライドが高い

●打たれ弱い

  

 

 ☆ 村崎さん度チェック ☆

当てはまる項目が多いほど、紫の性質を強く持っています。

下の「村崎さんインタビュー」も参考にしてくださいね。 

 

□群れるのは性に合わない

□芸術鑑賞が趣味

□人と同じはイヤ

□センスのいい人を尊敬する

□スピリチュアルなことに興味がある

□プライドは高い方だ

□私は天才だ!と秘かに思っている

□実はナルシストかも

□美しいものが好き。物でも人でも

□空想の世界に逃げ込む癖がある

□プライバシーには立ち入らないで!

□「変わってるね」と言われると嬉しい

□創作的なことが好き

□出世やお金に興味がない

□人は皆、使命を持って生まれてきたはずだ

  

 

村崎さんインタビュー

対談形式で、村崎さんの人柄をご紹介。あなたのまわりに、こんな人いませんか?

 

えみり:村崎さん、はじめまして!紫色って、何だか不思議な色ですよね。

村崎さん:はじめまして。あなたのような素敵な方と

知り合えるなんて、僕は幸せ者だ。

えみり:…キザですね…(笑)

村崎さん:そう言われることもあります。僕を一言で表すとしたら…

“誇り高き孤高のプリンス”ってところかな。

えみり:村崎さんて、変わってるというか、何を考えているのか

    よくわからない感じですね。不思議ちゃんとか言われませんか?

村崎さん:不思議ちゃん?いやいや、ミステリアスって言ってほしいなあ。

確かに、個性的とはよく言われるよ。他の人よりちょっと、自分の

世界観を大切にしているだけなんだけどね。“変わってる”は

褒め言葉さ。だって、人と同じなんてつまらないもの。

えみり:プライドも高そう。

村崎さん:日本を含めて世界中で、昔から紫色の染料はとても

希少だったんだ。だから、位の高い人しか身に着けることが

できなかった。誇りを持っていて当然だよね。

えみり:なるほど。そんな村崎さんが尊敬する人ってどんな人なんでしょう。

村崎さん:自分大好きではあるけれど、決して自分以外を認めない

わけじゃないよ。センスのいい人は尊敬しますね。芸術も

素晴らしいと思う。美しいものは人でも物でも大好きさ。

えみり:面食いなんですね~。

村崎さん:ええ、面食いですけど、何か?(笑)

えみり:いいえ、何も(笑) 私もカッコいい人大好きです(笑)

村崎さん:他の誰に何て言われようと、僕は僕のセンスを信じているし、

個性的であることが僕らしさだと思うんだ。まわりから理解されにくい

ことも正直あるけれど、それも仕方ないかなと。紫ってさ、

赤と青という真逆の色が混ざり合ってできているでしょ。

まあ、単純明快!とはいかないよねぇ。

えみり:だからこそ、いろんな人を理解したいと思ったり、

    わかってあげられるって感じですか?

村崎さん:お、いいこと言ってくれますね~。その通りです。

群れるのは好きじゃないし、ひとりで行動する方が性に

合っているかなとは思うけれど、一方で人の役に立ちたい

とも思っているんだ。奉仕の精神は大切にしたいよね。

えみり:すっかりペースに巻き込まれてしまった感じです(笑)

    村崎さん、ありがとうございました!

 

 

無意識に紫を選ぶときの心理

紫色って何?

「紫/むらさき」の語源は、「ムラサキ」という植物が群れて咲く様子からという説と、花の色がムラになって咲くという説があります。ムラサキの花は白なのですが、根から採れる染料が紫色なので、植物名がそのまま色の名前になったとか。

「紫」という漢字は、中国で「茈(シ)」という植物が紫の染料だったことから、読みを表す「此(シ)」と布を表す「糸」を組み合わせてできたと言われています。漢字の成り立ちも諸説ありますが、日本の「ムラサキ」で染めた色と同じだったため、日本でも「紫」の字を使用するようになったようです。

紫色は、赤と青というまったく性質の違う色を混ぜてできた色。そこから、「不思議なもの、よくわからないもの」という捉え方をされることもあります。

紫のもつイメージやキーワードは、「夜の空(宇宙)」から連想されるものです。

例えば…

「夜の空(宇宙)」→「よくわからないもの」→「興味を持つ」→「目に見えないものを信じる」→「神、宗教」

         →「地球にない」→「見つけにくい」→「希少」

                          →「まわりと違う(特別)」→「高貴」→「尊敬されたい」→「プライドが高い」

…など。

そこから広がって、気持ちや感情を表すキーワードもたくさん生まれました。

また、紫色は寒暖を感じさせない「中性色」であり、気持ちを落ち着かせる「沈静色」、重たく感じる「重量色」です。

これらを踏まえて、紫のメッセージを見ていきましょう。

 

 

紫の気持ち・感情

身に着けるもの、インテリア、文房具など日常で使うもの、食べ物や飲み物の色…手に取るものや目が行くものに特定の色が多いと気付いたら、そこから現状(気持ちや感情、置かれた状況)が読み取れます。

紫が気になるときは、どんなときなのでしょうか。

心身が元気で、紫が綺麗に見えるときと、マイナスに傾いていて、なんかわからないけど紫が目に付く(気になる)というとき。

それぞれの状態のときの紫のメッセージをお伝えしますね。

 

紫が気になるとき① ポジティブ

☆神秘的なものに憧れている

☆人生の転機

☆奉仕の気持ちがある

☆個性を生かしたい

☆自信がある

☆優雅な気持ち

   

紫が綺麗に見えるときは、自分に自信があり、物事を客観的に見ることができているときです。精神性が高まり、人の役に立ちたいという気持ちでいるのかもしれません。優雅な気分で過ごせていたり、美意識や芸術への関心が高まっている可能性もあります。また、紫は個性的であることを楽しむ色なので、人と同じことではなく、自分の個性を生かせることを探しているときかもしれませんね。

 

紫が気になるとき② ネガティブ

★癒されたい

★体調がすぐれない

★精神的に疲れている

★情緒不安定

★考え過ぎて動けない

★現実逃避したい

 

気持ちがマイナス寄りで、なんだか紫が目に付くときは、心のバランスが崩れて、癒しを求めている可能性があります。赤(動)と青(静)という正反対の性質が混ざり合った色ですから、極端にどちらかに偏れば混乱が起きても不思議ではありません。心だけではなく、体が異変を感じているときにも欲しくなる色です。また、宇宙の色ということは地面から遠いところにあるため、地に足がついていない状態を表すことも。複雑に考えて過ぎてしまったり、現実を見ることを拒絶しているのかもしれません。寝不足のときに惹かれる色でもあります。

 

紫の状態・キーワード

バランス  神秘的  奉仕  個性  自信  美意識  芸術的  理解  癒し  変化  優雅  上品

欲求不満  下品  不安定  現実逃避  喪失感  二面性  複雑  ナルシスト  孤独  妄想  コンプレックス