カラーセラピーのある生活① 花の色に癒される

こんばんは。

カラーセラピスト咲凛(えみり)です(*^^)v

 

カラーセラピーって何??

そう思っている人、まだまだ多いと思います。

 

色ってそもそも何なの?イメージ画像

  

「カラーセラピーは、直訳すると”色彩療法”のことですよ」って、私も言いますが…そう言われても、正直よくわからないですよね(^^;

一応、このサイトの『カラーセラピー』のページに説明は載せていますが、全然難しく考えることはないんです。

「色は心の鏡」とか、「今必要な色を取り入れましょう」とかいろいろあるけれど…

要は、色で癒されたら、それはもうカラーセラピー!…それでいいんじゃないかと(^^)

 

 

自分の本当の想いに気付いてスッキリするとか、心の深いところから癒される…というのを求めるのならば、それはカラーセラピストにお任せください!となりますが。

日常的に、簡単に色のセラピー効果を得る方法だってたくさんあります。

私が実際にやってみて、効果があったことを中心に(思い出したときに…)ご紹介していきますね。

 

 

これは、もうすでにやっている人も多いかもしれませんが、部屋に花を飾るのも、手っ取り早くて素敵なカラーセラピーになると思います。

私は以前、自分の部屋に花を欠かさないでみよう!という自分企画をやっていたことがありました。

(今はネコがちょす(←北海道弁で「いたずらする」「いじる」みたいな意味)ので、小さな壁掛けの花瓶にときどき飾って楽しんでいます(*^^*))

 

部屋に花がある、というだけでも十分癒しになるのですが、ポイントは飾る花の色を意識するということ。

お花屋さんに行って、「ああ、この色綺麗だなあ♡」と感じる色の切り花を購入します。(一輪でOK!)

そして、目に入りやすいところに飾り、見るたびに愛でます。

これだけ。

 

ちゃんと水を変えてお世話をしていても、花は儚いもの。しおれてしまったら、新しい花を買いに行きます。

気になる色がすぐに変わることもあれば(←切り花を選ぶ理由です)、しばらく同じ色が気になり続けることも。

新しい花は、またそのとき気になる色で選びます。同じ色が引き続き気になっているのなら、今度は同じ色で違う種類の花を…とか。

 

欲しいと感じる色は、そのときの自分が必要としている色なので、気が済むまで取り入れてくださいね。(あまりにも長いこと同じ色が気になり続けるときは、ご相談いただいた方がいいかもしれませんが…^^;)

「花」は人を優しい気持ちにさせてくれるので、ダブルの癒し効果を得られます♡

 

「欲しい色の花がなーい!」ということも、ときにはあるかもしれませんが…。得たいのはあくまでも「癒し」であって、「治療」を求めるわけではないので、こだわり過ぎなくていいのかなと。お店にある花の中から、綺麗だな♡と感じるものを選んでくださいね。

 

 

 

余談ですが、今は本当にいろんな色の花がありますよね。

初めてレインボーローズを見たときはびっくりしました。基本的にカラフルなもの大好きな私ですが、実はこの虹色のバラにはちょっと違和感がありまして…。

 

 

とっても綺麗なんですけれど、白いバラに食紅やインクを吸わせて色付けをするわけで…。自然の色ではない。

実際に花がどう感じているのか(そもそも感覚というものがあるのか)わかりませんが、個人的には「花が可哀想…」と思ってしまって。

むりやり人工物を吸わされている感がね、どうしても「なんか違う~(一一”)」と思ってしまうのです。

 

私は、自然のものは自然のままがいちばんいいな♡と思います。

 

ちょっと話が逸れましたが、お花でセルフカラーセラピー、お勧めですよ(^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です