色の体験談④ 鎧の色で守りたいものは? ~黒のお話~

こんばんは。

カラーセラピスト咲凛(えみり)です(^^)/

 

あなたには、人に見せたくないものはありますか?

隠したい、守りたい、一線を画したい…そういうものがあるとき、無意識に選びたくなる色があります。

それは…

 

 

「黒」です。

 

例えば、「本心」だったり、「ウソ」「体形」「弱み」「プライド」「コンプレックス」「過去」…などなど。

人によって、そのときの状況によって、いろいろあると思います。

 

もちろん、黒を選んでいるからといって、必ずしも何かを隠したいときとは限らないけれど…。

そういうときには黒を手に取りがちだということ。

 

今日は、そんな「黒」に関する私の体験談を書いてみようと思います(*^^*)

 

 

 

30代前半。カラーを学び始めるまでは、特に深く考えることもなく、洋服の色なども普通に好きなものを選んでいました。

もちろん黒も。

ワンピースやセーター、スカート…合わせやすいし、改まった場にも無難にコーディネートできるので、オールシーズン使っていたと思います。

 

でも、カラースクールに通って、いろんな側面から色を学び、自分に似合う色を知ったりするうちに、まったく黒が欲しいと思わなくなりました。

数年間、いっさい黒い服を着なかった時期があったのです。(葬儀のとき以外は)

 

そのときは、「私には黒は必要なくなったんだ」と思っていました。

ずっと自分が何をやりたいのかわからず、自分に自信がなかったので、「カラー」に出会って私は変わったのだと。カラーセラピストのスキルを身につけ、色と心の関係を学んで、以前より自分を好きになれた気がするし。(母からも「明るくなった」と言われました。もともと暗くはないけれど^^;)

 

“黒に隠して(守って)もらう”必要がなくなった…そう思っていたのです。でも…

数年たったあるとき、もしかしたらそうではないのかも…?と感じた瞬間がありました。“必要ない”んじゃなくて、反対に、“黒に恐怖心を持っている”のかな…?ふとそう思ったのです。 

 

 

実際に黒い色を見ても、怖いと感じるわけではありません。でも、黒を着ることで、何かを否定するような、覆われつくしてしまうような、屈してしまうような…ただそれを避けていただけなのかな??と。うまく言葉にできないけれど、黒という鎧に守られることに抵抗していたのかも。

 

黒は、すべてを覆い隠す闇の色。都合の悪いものを隠してくれる色でもあるし、すべてを呑み込んでしまうほどの、抗えない強さの色。

守ってくれる鎧の色でもあるけれど、頼り過ぎていると、いつの間にか依存してしまう色…。

 

私は黒には頼らない…そんな変な意地を張っていたのかなあ。無意識に。

今も黒を身につけることは少ないですが、受け入れることはできるようになりました。私に似合う(顔映りの良い)色ではないので、使い方に気をつけつつ黒を楽しめるようになってきたので…ちょっとは成長したのかな~(笑)

 

 

そんなことがあったからというわけではありませんが、「黒」についてとことん掘り下げるマニアックなカラー講座もやっています♪

黒のもつストイックなイメージとは程遠い私ですが、黒をカッコよく使いこなせる女性には憧れますね♡

深い深い「黒」という色の世界。また別の機会に違う視点から書いてみようかな。

 

さすがにこれはハードル高いか(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です