色の体験談⑥ 成長したい色 ~黄緑のお話~

こんばんは。

カラーセラピスト咲凛(えみり)です(^^♪

 

いきなり社長に就任して約3か月半…。(経緯はプロフィールをご覧くださいね)

日々葛藤。日々学び。日々成長…してると信じたい(^^;)

新しいことをするワクワク感もあれば、ストレスで発狂しそうになることも。

まあ…どんな生き方をしていても、いろいろありますよね。本人の考え方、受け止め方次第ですから、自分の機嫌をとりながら、夢を叶えていこうと思っています(´ー`)

 

 

 

最近手に取ることが多いのが、黄緑色。

目の前に並んでいる、月々の伝票ファイルがまず黄緑。そして、今日のブログを書き始めてから気付いたのですが、今着ているのは淡い黄緑のニット。

見ていて心地良く感じる色です。(逆に、着ると焦りが倍増しそうで着られないのが赤いセーター…)

 

黄緑は若葉や新芽の色で、「成長」「新しい出発」「リフレッシュ」「未熟」などの意味があるので、もう今の私そのまま(笑)

過去にも黄緑色の服を好んできていた時期があり、振り返ると「ああ、そうだよね~」と思うのです。。。

 

それは、20代のとき、女優を志して東京で一人暮らしを始める前後のことでした。

当時の宣材写真を見ると、なんと黄緑系の服装ばっかり!

“黄緑の花柄ワンピース+黄緑のジャケット”

“黄緑のアンサンブル”

“黄緑の半そでニット”

 

我ながら、ちょっと極端じゃない??と思うくらい、見事に黄緑のオンパレード^^;

その頃は色の意味なんて知らなかったし、ただただ「いいな」と感じた色を選んでいただけだったけれど…無意識ってすごい。 

 

注)これは咲凛ではありません。

 

結局、エキストラ止まりで地元に戻ってくることになり、ものすごく落ち込んだりはしたのですが、今思えばそれも必要な経験だったのかなと思います。

人生に無駄なことなんてないって、本当だなって。(そう思えるようになったのは、ここ数年のことだけれど。)

 

そういえば以前、黄緑のスタッフジャンパーを着てイベントに出席していたとき、その場にいた取引先の方から「黄緑似合いますね。笹川さんのイメージにピッタリ!」と言われたことがありました。

何回か顔を合わせたことがあるだけの方だったので、私にどのようなイメージを持たれていたのか詳しくはわかりませんが、ちょっと嬉しかったのを覚えています。なぜなら、黄緑は「若々しい」「フレッシュ」「はつらつとした」「純粋」というイメージがある色でもあるから^^(←当時は30代半ばくらい。スポーツメーカーの営業補佐時代。)

 

 

似たような色の服を選ぶことが多い…というときは、1日単位の気分とはまた違う意味があります。

今回の私の黄緑の例(20代のときの方)はポジティブな気持ちが続いているときでしたが、逆ももちろんあります。この時期の数年前、ある色の服を好んで着ている時期があり、また違う状況でしたので、別の機会に書きますね。

 

現在の黄緑=若葉マークの新米社長が無事成長を遂げられるよう、見守っていただけましたら幸いです☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です