チャクラって何?

「チャクラ」という言葉を聞いたことはありますか?ヨガをされている方はご存じの方も多いと思いますが、聞いたことはあるけれど、よくは知らないという方も多いのではないでしょうか。

チャクラとは体にあるエネルギーセンターのこと。インドの伝統医学が元になっていて、サンスクリット語で「車輪」を意味します。体の中心線上にあり、エネルギーが出入りしていると言われていて、チャクラが詰まる(エネルギーが滞る)と体や心に不調が現れるとされています。すべてのチャクラが活性化し、バランスがとれている状態が理想ですが、悲しみや怒りの感情などで乱れてしまうことも多いのが現実。

主要なチャクラは7つですが、小さいものまで合わせると数万か所あるという説もあるようですね。チャクラはそれぞれ体の部位や色に対応していて、症状や感情とも関係があります。また、人生の課題とも関連があり、下から順に整えていくと良いとも言われています。

 

カラーセラピーとチャクラ

カラーセラピーは直訳すると「色彩療法」。色彩療法は、太古の昔、エジプト時代から取り入れられています。古代インドのアーユルヴェーダ(サンスクリット語で「生命」と「学問」が組み合わさった言葉)では、万物は五大元素(空・風・火・水・土)によって成り立っているとされ、3つのエネルギー体質に対応する色水や色粉を用いて治療してました。チャクラはアーユルヴェーダの概念のひとつ。色とも深い関係があるのです。

肉体に不調があれば心にも影響がありますし、感情や精神が乱れれば、体にも症状が現れますね。チャクラごとに対応する色を用いることで、そのチャクラを整えたり活性化するのに役立ちます。ここから主要なチャクラと色をご紹介していきますね。

 

 

〇第一チャクラ(ベースチャクラ/ルートチャクラ) 

生命の基盤となるチャクラ

・位置 … 尾てい骨

・対応部位 … 脚、足、背骨、膀胱、大腸、男性性器、副腎腺、尾骨神経叢(そう)

・乱れていると… 地に足がついていない、力が入らない、やる気が出ない、精神的に不安定

・整えるには… アーシング(地面を裸足で歩く)、運動、ガーデニング、食に気を遣う、整理整頓

・人生の課題 … グラウンディング(地に足をつけて生きる)

 

〇第二チャクラ(セイクラルチャクラ/ベリーチャクラ) オレンジ

他者との関わり、感受性・欲求のチャクラ

・位置 … 丹田

・対応部位 … 腎臓、小腸、女性性器、横行結腸、卵巣、精巣

・乱れていると… 感情が麻痺、何をしても退屈、異性に興味が持てない、拒食、便秘

・整えるには… 感動する映画を見る、友達と遊ぶ、自分が楽しむことを許可する、感情の開放、腹式呼吸

・人生の課題 … 人との交流(自分と他人の違いを知る)

 

〇第三チャクラ(ソーラープレクサスチャクラ) 黄色

自分自身と向き合うチャクラ

・位置 … みぞおち

・対応部位 … 消化器系、肝臓、脾臓、胆のう、上腹部神経節、自律神経

・乱れていると… 自信がない、自尊心が低い、意志が弱い、胃の不調、呼吸が浅い

・整えるには… 自分がやりたいことをやる、尊敬する人の言葉に触れる、プレッシャーを笑い飛ばす、太陽の光を浴びる

・人生の課題 … 個の確立(自分を知る/自分は自分)

 

〇第四チャクラ(ハートチャクラ) 緑

愛と調和、人間関係を育むチャクラ

・位置 … 胸の中央(心臓)

・対応部位 … 心臓、肺、循環器系

・乱れていると… 人間不信、無表情、共感できない、共感し過ぎて自分を見失う、親密になることを避ける、不整脈

・整えるには… 人を許す、好きな動物と触れ合う、小さなことを喜ぶ、人や物事に感謝する、胸に手を当てる

・人生の課題 … 人に優しくする(思いやり/人間関係を良くする)

 

〇第五チャクラ(スロートチャクラ) 青

コミュニケーションのチャクラ

・位置 … 喉

・対応部位 … 喉、首、気管、食道、甲状腺、口、歯、歯茎、頚椎

・乱れていると… 目を合わせない、過度の遠慮、壁を作る、発話や聴力の障害、言いたいことが言えない、喉の痛みやせき

・整えるには… 感情を書き出す、好きな方法で自己表現をする、発信する、本音を受け入れる、思いっきり笑う(感情の発散)

・人生の課題 … 自己表現(自分の意見を言う)

 

〇第六チャクラ(ブラウチャクラ/サードアイチャクラ) 藍色

インスピレーションを受け取るチャクラ

・位置 … 眉間

・対応部位 … 目、脳、耳、鼻、神経組織

・乱れていると… 答えを外側に求める、視野が狭い、集中力がない、注意力の低下、理解できることしか受け入れない

・整えるには… 第一~第五チャクラのバランスを整える、二択の選択肢を即決する、、記憶力と高めるゲーム、アファメーション

・人生の課題 … 自己目標(未来の道付け)

 

〇第七チャクラ(クラウンチャクラ) 紫

宇宙とつながる悟りのチャクラ

・位置 … 頭頂部

・対応部位 … 頭頂、松果体、下垂体、大脳皮質

・乱れていると… 無感動、心を閉ざす、人の意見を聞かない、頑固になり過ぎる、見えない世界を信じない、頭痛

・整えるには… 星空を眺める、瞑想する、パワースポットに行く、第一~第六チャクラを活性化、芸術に触れる

・人生の課題 … 自己実現(目標達成)

 

 

ここまで7つの主要なチャクラをご紹介してきましたが、あと2つ、特別なチャクラをお伝えしますね。

 

第八チャクラ(ソウルスターチャクラ) マゼンタ

よりスピリチュアルなチャクラ

・位置 … 頭上20~30㎝のところ

・対応部位 … ハイヤーセルフ

・乱れていると… 精神が落ち着かない、他者を支配、自己卑下、エゴに囚われる、愛を与えることができない

・整えるには… 自分の外側に目を向け、自分の内面とも向き合う、インナーチャイルドと向き合う

・人生の課題 … 自分自身と他者への無条件の愛

 

愛のチャクラ ピンク

ピンクは赤に光が入った色なので、第一チャクラに含まれるとも言われますが、子宮をピンク色で表すことがあります。

子宮は位置でいうと第二チャクラにあたり、第四チャクラ(ハートチャクラ)を「ヒドゥンピンク(hidden pink/隠れたピンク)」と表現したりもします。

愛は人生の喜び。愛の色である赤、喜びや交流の色であるオレンジ、他者への優しさを表す緑がピンクと深い関わりがあるというのは、自然なことなのかなと思います。

各チャクラの説明に、チャクラを整えるために行うと良いことを記載しましたが、対応する色を使うのも効果的とされています。

例えば、時代劇でお殿様が病気になると、頭に紫色の鉢巻きをしているのを見たことはありませんか?これは「病鉢巻(やまいはちまき)」といって、抗炎症、解毒、解熱の効果を狙ったものです。紫の染料であるムラサキソウの根は薬草で、その染料で染めた紫色の鉢巻きを頭に巻いておくと症状が和らぐと考えられていたようです。

また、以前カラーセラピーのクライアントさまで、選ばれた黄色のボトルについていろいろお話を伺う中で「ところで、最近胃の調子はいかがですか?」と質問したところ、「ああ、最近よく胃が痛くなるの~」とおっしゃっていた方がいました。黄色は胃に関係の深い色です。

これらのことが偶然だとしても、色とチャクラにまったく関係がないとは言えなさそうですよね。