はじめまして!Colortiful管理人の咲凛です(*^^)v

私がなぜこのサイトを作成するに至ったのか、何で「カラー」なのか、何者なのか。

知ってもらえたら嬉しいな♡と思うので、よかったらご一読くださいませ。

 

講師/セラピスト プロフィール

プロフィール画像

笹川 恵美(ささがわ えみ)/カラーセラピスト咲凛(えみり)

 北海道エフ・エス合同会社 代表社員
 Varme Smil(ヴァーメスミール) 主宰

北海道出身&在住
幼少時代を長野県、小学校~高校卒業までを静岡県で過ごす。
短大卒業後、やりたいことが見つからず迷走。
留学、女優修行を経て、その後転職を繰り返す。

30歳を過ぎた頃、カラースクールの体験講座をきっかけに色の世界を知り、
カラーセラピーと出会う。そこから色の奥深さに惹かれ、仕事にしようと
決意するに至る。

また、2015年に輸入ビジネスと出会い、雑貨の輸入・卸業を開始。
「心からの笑顔と彩り豊かな生活のために」をコンセプトに、大好きな
カラーと雑貨で、少しでもたくさんの人の笑顔を引き出すべく活動中。

《資格》
AFT1級色彩コーディネーター
センセーションカラーセラピスト・ティーチャー  他

《主な経歴》
コープさっぽろ 石狩文化教室講師(2019)
札幌インストラクターガイド掲載講師
2020ミセス・アース・ジャパン北海道大会ファイナリスト

 

 

ここまでは、イベントやカラー講座のときにWebページやお配りする資料に記載しているざっくりプロフィール。

もう少し詳しく自己紹介させてくださいね。↓↓

 

カラーセラピスト咲凛の成分

生年月日:卯年生まれの牡羊座   年齢は聞かれたら素直に答えます

血液型:B型   A型に見られがちですが、同じB型の人にはわりとすぐ見破られます

動物占い:ひつじ   平和主義者です♡

マヤ歴:kin230 太陽の紋章/白い犬 ウェブスペル/白い風 音9   あら、真っ白

魂の色:イエロー   わがままでごめんなさい♪

 

特に好きな色:ターコイズブルー、ミントグリーン   普通に好きな色は書ききれません

好きな食べ物:豆類、チーズ、ナッツ類   お肉や果物も好き♡

好きなこと:ものつくり、旅行、カフェ&雑貨店巡り、ダンス、歌   ダンスや歌は好きなだけ…

夢(野望):輸入雑貨店オープン、世界クルーズ、イルカと遊ぶ

 

 

どうでもいい(?)情報はこれくらいにして…

カラーと私の関係、どん底からの復活劇(?)について書いてみますね↓↓

長いので、興味がある方だけ読んでくださいませ(^^;

 

“色”との出会い~社長になるまで

興味本位のはずが…

色を学ぶきっかけになったのは、某クーポン付き無料情報誌。

おもしろそうな体験レッスンを見つけたので、とあるカラースクールに行きました。

もともと色は好きで、某ファストファッション店のフリースの棚を見てワクワクしたりしていたのですが、そのときはまだ本格的に勉強しようなんて思っていませんでした。ところが…

1時間の体験レッスンが終わって帰ろうとしたら、スクールスタッフの方に呼び止められて、新しく開講するカラーの総合講座を猛プッシュされたのです。私の他にも体験レッスンを受けた人はいたのに。

4部門に分かれたその講座は、48万円。1部門ごとの受講も可能でしたが、どうせやるなら全部学びたい…ついそう思ってしまったのがすべての始まりでした。

そんな感じでスタートしたカラーの学び。ファッション、インテリア、プロダクト、ビジネスの総合講座が終了する頃には、もっといろいろ知りたいと思うようになっていました。最初はまったく予定になかった色彩検定も1級まで取得。学生時代は勉強なんて全然好きではなかったけれど、好きなことについて学ぶって楽しいんだ…と知ったのもこのときです。

 

カラーセラピーとの出会い

スクールに通い始めてからも、ときどき気になる体験レッスンには参加していました。色やカラーセラピーの本はそれ以前から持っていて、知っていることはあったものの、実際に学ぶと、どんどん奥深さがわかってきて興味の幅も広がります。

カラーセラピーの体験レッスンを受けたとき、たった1本選んだカラーボトルからそのときの自分の状況(感情)を言い当てられ「すごい!」と驚いたのを覚えています。その後、スクールのイベントで校長先生のカラーセラピーフルセッション券が当たり、1時間しっかりセラピーをしていただく機会がありました。そこでさらに、色でそんなことまでわかっちゃうんだ!と衝撃を受け、おもしろさにはまっていったのです。

ひとつだけ公開すると…選んだ色の一部が自分の性格を表していたのですが、それまで短所だと思っていた部分がその色の質にぴったり当てはまっていて、「ああ、私はこの色の質を持っているから、仕方なかったんだ」と腑に落ちたのです。人から指摘されて反発していたことを、そこで初めて素直に改善しようと思えたことが、今でも忘れられません。

そのスクールで学ぶことができたのは、「センセーションカラーセラピー」というカナダ生まれのカラーセラピー。当時はカラーセラピーといえば「オーラソーマ」が有名で、主流だったように思います。100本以上のボトルを扱い、習得するのにも段階を経る必要があって大変そう…というイメージでしたが、センセーションカラーセラピーはボトルが10本しかなく、12時間の講義を受ければセラピストの資格が得られるため、あまり構えることなく、やってみようと思えました。

 

 

ずっとやりたいこいとがわからずに生きてきて、仕事も続かない。そんな私が、ずっとやり続けたいと思えることに出会えたのですから、最初に総合講座を勧めてくれたスタッフの方には本当に感謝しています。それに、様々な角度から色を学んだことで、カラーセラピーへの理解も深めやすかったのかなとも思います。

 

自己紹介も嫌いな私が講師に!?

今でこそ、人前に立って講座をしたりしていますが、もともとは自己紹介で自分の名前をいうのも大嫌いでした。緊張するし、何を話していいかもわからないし…。自分を人見知りだと思っていましたので、そんなの絶対ムリ!と。

そこを変えてくれた要因は2つあるのですが、その1つがカラースクールの講師養成講座でした。ある日、スタッフの方に「〇〇(校長)先生が、笹川さん受けたらいいのになあって言ってましたよ」と言われ、自分を変えたいと思っていた私は校長先生に相談してみることに。そして、いざ話し出すと、なぜか涙が止まらなくなり…。結局、講座を受けることに決めたのです。決断した後のスッキリした気持ちをよく覚えています。

講師養成講座は、毎回お題に沿って10分間の色に関する講座を披露するという内容。毎回「行きたくなーい」と思いながらの受講でしたが(緊張するので)、最終試験では嬉しい評価もいただき、無事終了することができました。

その後、ありがたいことに母の知り合いの方が人を集めてくださり、講師デビューを果たすこともできました。受講してくださった方々の反応も良く(優しい方ばかりで…)、ここからカラー講師としても活動していくことになったのです。

今でも人前に出るのは緊張します。でも、あるとき“人見知り”なのではなく“プライドが高い”だけなんだと気付いてから、少し気持ちがラクになりました。うまく話せなくても、失敗しても、死にはしませんから。

 

おうちサロンでスタート!

カラーの仕事を始めた当初は、かなりゆる~い感じでした。30代半ばで、「結婚したら旦那さまに稼いでもらって、私は自宅でカラーセラピーのサロンを開きたいなあ」と憧れを抱いていたのです。(彼氏もいないのに)

この頃ちょうど父が定年退職し、田舎で家庭菜園できるようなところ(現在の自宅)に引っ越しを…というときでもあり、新しい家で2階の広い部屋を私が使わせてもらえることになりました。まずそこでおうちサロンを!と、最低限の家具を用意し、ハーブティーのブレンドを作り、「ちょっとだけ田舎のおうちサロン『Smile Farve(スミールファーウ)』」を始めることに。(”Smile Farve”は、デンマーク語で“色のほほえみ”)

でも…知名度まったくなしに加えて、車がないと来づらい場所でもあり(バスはあるけれど)、おうちサロンに来てくれたのはごく数人の友人のみ。普通に働く傍らだったので、ゆっくりやっていけばいいと思っていました。…がしかし。

近所には野良ネコが数匹いて、放っておけない母が餌をあげていました。その野良ちゃんたちが産んだ子ネコを連れてくるようになり、私の部屋(兼サロン)がネコ部屋になったのです。里親さんが見つかるまでの間、可愛い子ネコたちに囲まれる生活。(ある意味パラダイス♪)もともと本格的にカラーのお仕事をしていたわけではなかったので、それをきっかけに、ちょっとお休み期間に入るような形になりました。

 

輸入ビジネスとの出会いで新たな夢が…

知人のFacebookの記事を見て、1冊の本を購入したことがきっかけで、ある方のメルマガが届くように。「何、いきなり。この人全然知らないし…」と思いながらも、読んでみたらおもしろかったので、そのまま解除せず読み続けていました。

ある日、そのメルマガで紹介されていた“輸入の神様”と呼ばれる人物の講座。添付の動画を見ると、何だかとてもおもしろそう…。東京で説明会があるみたいだけれど、8月の飛行機がめちゃくちゃ高いとき。その日まであと2週間という夜、どうしても気になってもう一度説明会についてのメールを読みました。あまりに落ち着かないので、思い切って申し込み。よし、これで眠れる…と思いきや、やっぱりソワソワ落ち着かない…。えーい、飛行機も今とっちゃえ!…でも結局、まったく気持ちは落ち着かず、その夜はほとんど眠れなかったのです。

そして、忘れもしない2015年8月6日。説明会当日に受講を決意し、オンラインのプレ講座、4回の東京での本講座を経て、翌年1月に単身フランスで開催される国際見本市へ。“雑貨のパリコレ”ともいわれるその展示会でのワクワク感は半端なくて、「私これ絶対仕事にしなきゃダメでしょ」と思ったことを鮮明に覚えています。

心がときめく素敵な輸入雑貨を自分で買い付けて販売する…“カラーセラピストセレクトの輸入雑貨店”を開くことが、私の大きな夢になったのです。

 

まさかの起業!個人事業主で再スタート

まだ自分の方向性が定まる前のあるとき、カラースクールで一時期一緒だったある女性との再会がありました。スクールでは一言二言交わしたことがあるだけで、顔見知り程度の仲だったのですが、再会からしばらくして、親しくお付き合いさせてもらうように。彼女のまわりには、本人やご主人をはじめ、個人で技術を持ってお仕事をしている人がたくさんいて、そんな人たちと知り合ううちに、いつの間にか自分も…という思いが沸き上がってきたのか…。2017年1月28日付で開業届を出しました。(彼女には今でも刺激をいっぱいもらっていて、憧れの存在です♡)

カラー+雑貨輸入になったので、屋号も『Varme Smil(ヴァーメスミール)』(デンマーク語で“温かい笑顔”)に変更。でも、すぐに生活できるだけの収入をカラーの仕事から得るのは難しい…。とはいえ、もっと自由に使える時間が欲しいと思い、当時やっていた派遣の仕事を辞めて、自宅でできる仕事で収入を得ながらカラーの仕事をしていこうと考えました。

ところが、それが悲劇の始まり。十分な資金もなく、物事を見極める目も未熟なのに、ネットビジネスに手を出してしまったからさあ大変。自分はそうはならないと思っていた状況にがっつりはまってしまったのです。ネットビジネスの塾に授業料(もしくはツール代)を支払う→うまくいかない→回収しようと、別のネットビジネスの塾に申し込む…以下繰り返し。返金できたところもあるものの、収入がない中で、カードの支払日は容赦なくやってきます。朝起きた瞬間から恐怖心でいっぱいの日々。どうにかまた派遣の仕事を見つけて落ち着きを取り戻し、いつか笑い話にしてやると心に誓ったのでした。

その後は、どうせ働くなら将来の夢に近づけることを…と、カフェスタッフに転身。カラーの仕事は細々と続けていましたが、輸入はトルコのメーカーから布雑貨のサンプルを取り寄せたところでストップしたまま。先が見えない状況が続きます。

 

ミセスコンテストにチャレンジ!

そこから3年。人生初のぎっくり腰を機にカフェを辞め、近所に新しくできたビジネスホテルのフロントスタッフとして働き始めました。そこで、「カラーセラピー付きの宿泊プランを作って、ラウンジでセッションや講座をやってもいいね」という話にもなったのですが、直後に新型コロナウィルスが大暴れ。

そんなとき、使っている化粧品の会社がメインスポンサーのミセスコンテスト(ミセス・アース・ジャパン北海道大会)の出場者募集がありました。コンテスト自体はちょっと前からあるのは知っていて、ビューティーキャンプの講師に応募するつもりでいたのです。でも…「本当にそれでいいの?」という声が、私の奥から聞こえてきて。友人の後押しもあり、結局出場者としてエントリー(応募)することに決めました。

思えば、今回のチャレンジの最初のきっかけになったのは、小さい頃に言われた親戚の一言だったのかなと思います。「えみは大きくなったらミスユニバースだね」。両家の初孫だったこともあって、親戚中からとても可愛がられて育った(らしい)私。でも、成長するにつれて、「ミスコンに出るほど(美人)でもないな」と思うようになり…。それでも、心のどこかでずっとチャレンジしてみたい気持ちがあったんだろうなと思います。

やるからには部門グランプリ目指そう!と意気込んではみましたが、経済は底辺続行中。ビューティーキャンプ外の有料講座や講師の方のサロンなどにはほとんど行けず、自分でできる範囲のことを頑張るしかありませんでした。そんな中でも、ダイエットは大成功!自己紹介動画を作成したり、14㎝のヒールでウォーキングしたり、初めての経験もたくさん。ファイナリストの方々も優しくて素敵な方ばかりで、刺激や学びがいっぱいの半年間でした。

 

 

結果は入賞ならずでしたが、チャレンジするという決断は間違っていなかったと思えました。もっと努力できたはず…そういう気持ちも正直ありますが、大会本番の約1週間前。人生の大転換期!?ともいえる出来事があったため、悔やんだり落ち込んだりしている場合ではなくなってしまったのです。

 

突然の提案…私が社長に!?

ミセスコンテストチャレンジ中、収入を増やすためにクラウドソーシングの仕事を探したりもしていました。そのとき会計ソフト入力のお仕事を受けたのがきっかけで、継続してお仕事をいただくようになったのですが、それが弊社(北海道エフ・エス合同会社)の母体であるF・S合同会社の社長だったのです。北海道にも取引先があるからと、2020年秋に北海道エフ・エス合同会社を設立。そして、なんと、その会社で私がやりたいこと(カラー&雑貨の輸入販売)を新規事業としてやってみたら?というのです。しかも「社長」として。

個人事業主とはいえ、経営の基盤はゼロ。でも、このままアルバイトしながらちょこちょこカラーの仕事を続けていても、夢を叶えるには程遠い…。不安やプレッシャーはあるけれど、野望のためには思い切るしかない!というわけで、お話を受けることにしたのです。

 

人生、いつ何がどうなるかわからないものですね。様々なプレッシャーに耐え、無事会社を軌道に乗せることができるのか?

見守っていただければ幸いです。 あ、もちろん、カラーセラピーやカラー講座のお申し込みお待ちしています♡